素材や紐にまでこだわった業者選びの重要性

Category

Calendar

2018年9月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

紐にもこだわった紙袋

紙袋を持った時、その感触についてとても思うことがあります。それは、なんといっても持ちやすいと言うことです。紙袋で持ちやすいと言うことは、とても大切な事ですね。多くの人が持ち運ぶものとして利用することが多いのは、持ちやすい、利用しやすいと言うところではないでしょうか。
そんな時、オーダーメイドの紙袋を作ることができたら、その紐などの取っ手に付いても工夫をすることができます。和紙のような紐で作る等、とても風流な感じがしますね。また持った時に、しっくりと持つことができる、頑丈な紐の紙袋も人気です。それは、日本人ならではの魅力を感じることができるでしょう。
また外国人のお客さんが多いところでは、オーダーメイドの紙袋として日本ならではの工夫がされたものがいいですね。そのデザインを凝らしたり、外国人が馴染み深い色にするなど、変化をもたせることができます。そんな風に、いろいろと要望としてたくさん伝えることができるのがオーダーメイドの紙袋です。
頑丈な紐だと、安心をすることができますね。大切なモノを入れる紙袋だからこそ、そんな小さいところにも配慮された紙袋があります。そのようなオリジナル紙袋は、通販で注文をすることができます。

素材やデザインにこだわったオリジナル紙袋を

企業やお店でないと、オリジナルの紙袋を作るのは難しいのでは、と、諦めていませんか。そんなことはありません。企業やお店の方でなくても、誰でも手軽にオリジナル紙袋を発注することができます。例えば、結婚式の引き出物に個性を出したい、イベントに参加して自作の小物や小冊子を販売する、というような場面で、市販品でなく自分だけの紙袋を使いたい!という方も、こだわりの紙袋を作ってもらうことが可能です。
「紙袋」といっても、素材はたくさんあります。本体の紙も、ナチュラルな茶色の紙、水にも強いコーティグを施した厚みやツヤのある紙、ツヤ消しタイプなど様々ですし、取っ手も、紙、丸紐、プラスティックなどがありますから、用途に合わせてお好みのものを選ぶ事ができます。
見積もりや入稿などのやりとりは、電話やメールなどで行うことができる業者が多いので、手間もかかりません。実際にデザインを自分でやるのはちょっと難しいということであれば、業者に相談してみましょう。素材データを渡せばデザインも請け負ってくれるところが大半です。
50枚程度から発注を受けてもらえるところもありますので、まずは、どのくらいの枚数が必要か、どのようなデザインにするかを考えて、業者のホームページを比較、検討してみてはいかがでしょうか。

Choices Article